CURIOUS

お気軽にお問い合わせください。

open9:00-close18:00 火・水曜定休

MAIL FORM

CURIOUS design workers

INSTAGRAM

CURIOUS design workers
〒458-0044
愛知県名古屋市緑区池上台二丁目16 ユニーブル鳴子1

×

WORKS

CONTACT

PHILOSOPHY

IDEA

WORKS

CURIOUS design workers
〒458-0044
愛知県名古屋市緑区
池上台二丁目16 ユニーブル鳴子1

▶ Access ▶ Company

  • BLOG
  • HOUSE

BLOG

LAYER

 

 

交通量の多い県道に接した計画地での新築計画。

 

アートやデザインの仕事をされているご夫婦に対して

まず、ご夫婦が考えるデザインの意味についてブレストをし、

感性での表現と論理的な思考の両方を無理なく生み出すための「日常」とは

どういうものなのかを考えた。

 

「好き」「嫌い」という思考に縛られない自由な発想を生み出す暮らしが

日常的にできたら良いと考え、

そのためには「暮らしの選択肢」をつくることが重要ではないかと考えた。

 

空間としては広がりをもたせるために2階LDK+勾配天井で計画し、

交通量の激しい外部と室内との間に構造材レイヤー(重なり)を設置して曖昧な空間を造り、

空間同士のクッション材を計画した。

 

 

 

 

 

 

 

外部との中空間に1層の構造レイヤーをつくることで

室内が曖昧に囲われるようになり、

またその曖昧に空間自体にも居場所を計画した。

 

 

 

 

 

 

 

2階LDKの室内空間、構造レイヤーで囲われた外部土間空間、その奥にサッシで囲われた室内土間空間と

3つの異なる居場所をつくることで、やりたいことに適した3つの環境を選択できるようにした。

将来的には2階外部にも空中デッキをつくる予定である。

 

 

 

 

玄関から2階LDKへの階段(アプローチ)には

ご自身の作品や好きなアートを飾るギャラリー的要素を

兼ね備えている。

 

 

 

 

 

 

 

階段の手摺は意匠性と実用性を考えて90度のピン角ではなく、

指2本が引っかかるように少しだけ平場をつくり、

階段を回りやすくしている。

 

 

 

 

空間の広がりを意識した室内勾配天井と構造レイヤーによる外観により差別化を図っている。

 

 

 

 

 

 

 

暮らしを「セレクト」することが

 

思考にゆとりと幅をもたせる

 

それを実現するためには

 

少しだけ囲われており

 

感覚として守られているという空間を

 

形成することが重要

 

 

外部との間の「構造体レイヤー」により

 

思考の選択肢を広げる住宅

 

「LAYER」

 

 

 

 

CURIOUS

open9:00-close18:00 火・水曜定休

CONTACT